福祉体験

 今年の総合は「福祉」をテーマに,様々な体験を通して,身近な人を笑顔にするために自分にできることを考えていきます。

 まずは,高齢者疑似体験をしました。

 

「膝が曲がらなくてつらい。」

「見えづらい。何て書いてあるの?」

「聞こえにくい。」

など,様々な発見があったようです。

 

体験後は,「読みづらそうにしていたら,読んであげたい」「そばにいって話すようにしたい」そんな感想が聞こえてきました。


校外学習

 10月6日に越前和紙の里と立待体育館へ行ってきました。

 職人さんの紙を漉く音、真剣な眼差しに感動!紙漉き体験では、手伝ってもらいながら思い思いに色をつけたり、飾りをつけたりと楽しむことができました。

 体育館に着くと、目に飛び込んできたのはオリンピックで見た鉄棒、あん馬、平均台!「オ~~!!」と歓声が上がりました。床も弾み、準備体操もいつも以上に楽しめました。一時間思い切り体を動かし、汗だくになりました。